スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口座開設をする際 

証券会社に口座開設を申し込む際に、
"一般口座"と"特定口座"の2種類があり
始めて口座を作る方は迷うかとお思います。

さらに特定口座を選択すると
"源泉徴収あり"と"源泉徴収なし"
選択もありますし。

オラは"特定口座"の"源泉徴収あり"を選びました。



一般口座
年間の利益が20万円を超えると
確定申告が必要になります。新証券税制で制定される
すべての特例が適用可能のメリットがあります。


源泉徴収ありの特定口座
証券会社が投資家の変わりに税金を納付してくれます。
確定申告が不要になります。
ただし年間の利益が20万以下でも戻ってこない
デメリットがあります。


源泉徴収なしの特定口座
証券会社が『年間取引報告書』を作成してくれえて
それを使えば、簡単に確定申告が行えます。
20万を超えると、自分で確定申告をしないと
いけませんが。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yakai66.blog32.fc2.com/tb.php/105-c19793bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。